トピックス

福岡展 関連イベント

【レクチャー(1)】
日時:11月21日(土) 14:00〜15:30
会場:石橋美術館別館2階ロビー(座席数70)
講師:川内悟氏(二科会常務理事)、木戸征郎氏(二科会監事・熊本支部長)
内容対談「二科展絵画部回顧」
小出楢重にはじまり、東郷青児急逝の折の話まで、東京と九州をつなぐ二氏から、気になる作家や二科展にまつわるエピソードが飛びだします。
【レクチャー(2)】
日時:12月12日(土) 14:00〜15:30
会場:石橋美術館別館2階ロビー(座席数70)
講師:二科会常務理事
内容対談「二科展彫刻部回顧」
彫刻の見方から、ヴラマンクやザツキンにまつわる伝説的エピソードまで語って頂きます。
【スペシャルトーク】
日時:11月7日(土)、12月19日(土) 14:00〜15:00
会場:展示室
内容企画担当者が展覧会のみどころについてご紹介します。
【ギャラリートーク】
日時:11/7、21、12/12、19をのぞく土・日曜日 14:00〜14:20
会場:展示室
内容美術館スタッフが展覧会や作品について解説します。
横ライン点線02
▲上へ戻る

8月30日「美術館 de 街コン」開催!

【デートスポットとしても人気の美術館。今回は特別に、夜の美術館を貸切!!】
街コン参加者の方に日本美術史の傑作の数々に触れていただきたいとの想いから、本展と街コンジャパンがコラボし、開催決定!出会いだけでなく、芸術作品に触れて、自分磨きを楽しんでみては?日常と少し離れた一日をご用意いたします!
※「美術館 de 街コン」は開催終了いたしました。
名称:美術館 de 街コン
開催日時:2015年8月30日 (日)  18:00〜21:00 ※終了いたしました。
参加条件:20歳以上39歳以下
※年齢が当てはまらない方、当日身分証明(年齢がわかるもの、免許証など)をご提示頂けない場合はご参加頂けません。
参加費
男性:5,900円(税込)/1名
女性:4,900円(税込)/1名
※上記以外の費用は一切かかりません。
横ライン点線02
▲上へ戻る

展示替えのお知らせ

8月11日(火)からの後期展では、水彩画の大家である赤城泰舒の作品が登場。また、第1回展から二科展に出品していた梅原龍三郎の作品を参考出品します。第4回二科展京都展で特別陳列された20点のうちの貴重な1点です。ぜひ会場でご覧ください。
前期のみ ※8月9日まで展示
村山槐多 《 庭園の少女 》 1914年、第1回展、福島県立美術館所蔵
石井鶴三 《 行路病者 》 1916年、第3回展、東京藝術大学
アンドレ・ロート 《 風景 》 制作年不詳、第10回展、個人蔵(福岡市美術館寄託)
後期のみ ※8月11日より展示
村山槐多 《 田端の崖 》 1914年、第1回展、信濃デッサン館所蔵
石井鶴三 《 縊死者 》 1915年、第2回展、東京藝術大学所蔵
赤城泰舒 《 ギターを弾く少年 》 1928年、第15回展、静岡県立美術館蔵
梅原龍三郎 《 読書 》 1911年、第4回展(京都巡回展)個人蔵(三菱一号館美術館寄託)
横ライン点線02
▲上へ戻る

関連番組

【二科100年展特番放送】どうぞお見逃しなく!
チャンネル:BSフジ
放送日時:8月8日(土)28:00〜28:55
番組名:「本日開校!おとなの美術学校 〜二科100年展に学ぶ伝説の洋画家たちの画業〜」
内容
「教科書で見たことあるけどよく分からない」「美術ってなんだか近寄りがたい・・・」巷にはそんな想いを抱いている方がきっと多いはず。ですが、ご安心ください!! 番組では、日本美術の楽しみ方を、日本洋画のこれまでの歩みを、懇切丁寧に授業形式で教えます。
美術初心者にも分かりやすく教えてくれるのは、室町時代の水墨画の研究を起点に、縄文から現代美術まで、日本美術史全般にわたる幅広い研究を手がける美術史家・山下裕二(明治学院大学文学部教授)。生徒には、美術初心者の岡田圭右、MEGUMI、そして現在、大学で美術史を学ぶアイドルの和田彩花(アンジュルム)。これを見れば、あなたはもう日本美術、日本洋画通!?新しい美術の楽しみ方がきっと見つかるはずです!

岡田圭右(ますだおかだ)

MEGUMI

和田彩花(アンジュルム)

■キャスト
 先生役:山下裕二(明治学院大学教授)
 生徒役:岡田圭右(ますだおかだ)、MEGUMI、和田彩花(アンジュルム)
 二科100年展担当学芸員:伊藤絵里子(石橋美術館)
横ライン点線02
▲上へ戻る

東京展 関連イベント/講演会

【記念講演会】
日時:7月18日(土)14:00〜15:30
講師:田中 良(公益社団法人 二科会 理事長) /吉野 毅(公益社団法人 二科会 常務理事)
内容:二科会の絵画部・彫刻部を代表する2人をお招きし、これまでの二科会の歩みや作家の足取りについてお話しします。
会場:東京都美術館 講堂
定員:225名
※当日13時より講堂前にて整理券を配布します(定員になり次第受付終了)。
※聴講無料。ただし、本展観覧券(半券可)が必要です。
【イブニング・レクチャー(学芸員又は二科会による展覧会の見どころ解説)】
日時:7月24日(金)、7月31日(金)、8月7日(金)、8月14日(金)、8月21日(金)、8月28日(金)
   各回とも19:00から約30分
会場:東京都美術館 講堂
定員:225名
※各回とも18時40分より開場します(定員になり次第受付終了)。
※聴講無料。ただし、本展観覧券(半券可)が必要です。
■1回目:7月24日(金)
 講師:生方 純一(公益社団法人二科会 常務理事)
 講演テーマ:「100回展、そして…」
■2回目:7月31日(金)
 講師:川内 悟(公益社団法人二科会 常務理事)
 講演テーマ:「二科草創期の個性派たち」
■3回目:8月7日(金)
 講師:松室 重親(公益社団法人二科会 常務理事)
 講演テーマ:「戦後からの二科会」
■4回目:8月14日(金)
 講師:平方 正昭(東京都美術館 二科100年展担当学芸員)
 講演テーマ:「二科100年展の見どころ(1)〜有島生馬という交差点〜」
 有島生馬を中心にしたサロン的な交流と与えた影響について話します。
■5回目:8月21日(金)
 講師:平方 正昭(東京都美術館 二科100年展担当学芸員)
 講演テーマ:「二科100年展の見どころ(2)〜藤川勇造とその周辺〜」
 藤川勇造の後世への影響、藤川家、藤川栄子、女流画家たちの活躍などについて話します。
■6回目:8月28日(金)
 講師:平方 正昭(東京都美術館 二科100年展担当学芸員)
 講演テーマ:「二科100年展の見どころ(3)〜世界の中での二科会〜」
 在外会員、留学生などの出品作家、二科会の海外交流などについて歴史と意義について話します。
横ライン点線02
▲上へ戻る

大阪展 関連イベント/講演会

【記念講演会】
日時:9月19日(土) 13:30〜15:00
講師:篠 雅廣(大阪市立美術館 館長)
講演テーマ:「二科100年」
日時:9月27日(日) 13:30〜15:00
講師:吉野 毅(二科会常務理事)、小田信夫(二科会理事)
講演テーマ:「二科会彫刻部について」
日時:10月11日(日) 13:30〜15:00
講師:田中 良(二科会理事長)、伊庭新太郎(二科会常務理事)
講演テーマ:「二科会絵画部について」
日時:10月17日(土) 13:30〜15:00
講師:篠 雅廣(大阪市立美術館 館長)
講演テーマ:「二科・大阪・楢重」
【見どころトーク】
(1)大阪市立美術館の学芸員が見どころをわかりやすく解説します。
日程:9月13日(日)、10月3日(土)、10月10日(土)、10月24日(土)
時間:13:30〜14:00
(2)二科会絵画部会員が二科会の歴史と展覧会の見どころを解説します。
日程:10月27日(火)〜11月1日(日)
時間:13:30〜14:00
横ライン点線02
▲上へ戻る

伝説の洋画家たち 二科100年展/ロゴ

Facebookアンダー
Twitterアンダー
境界線01